アリドオシラン 蟻通蘭
Myrmechis japonica (Reichb. fil.) Rolfe
ラン科 ラン亜科 サカネラン連 アリドオシラン属
 



花 南信 8月

 同じ踏み跡を往復したのですが、登りの往路では見つけられず、下りの復路で複数箇所で見つけました。登りの方が目線が低いので見つけやすいと思うのに見つけられなかったのは、登りではしんどく、登るのに一生懸命で花に気づく余裕がなかったのかもしれません。頭に余裕が出てくる下りの方がじつは花を見つけやすいのかもしれません。それだけ小さな花で、見過ごしやすいのも事実でしょう。この日は他に3種のランを見ました。

 白く小さな花をつけるその姿は、和名の一部になっているアリドオシそのものではなく、ツルアリドオシの方に雰囲気は似ています。確かに全体的な大きさや花の色だけでなく、葉も似ています。ただし、ツルアリドオシやアリドオシはアカネ科で、ラン科の本種とは花の形などは全然似ていません。

 花茎には白い毛があります。萼片は合着しています。

 南千島、北海道、近畿地方以北の本州、四国の針葉樹林下に分布しているようです。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO