チシマアマナ(チシマソウ) 千島甘菜
Lloydia serotina (L.) Rchb. シノニム:Gagea serotina (L.) Ker Gawl.
単子葉植物綱 ユリ目 ユリ科 ユリ亜科 チシマアマナ属


 

花 北上山地 早池峰山 2011.7.6

 写真のとき、多くは見かけませんでしたが、ちらほらと見かけました。3枚目の写真のように、既に最盛期を過ぎて枯れかけているものもありました。もう時期的には終盤だったのかもしれません。ちなみに、"種小名の、"serotina" は、「晩生の、遅く現れる」というような意味があるようです。なお、属名の、"Lloydia" は、英国人の名からのようです。

 根出葉はふつう2個で、長さは7〜20cm、幅は1mmととても細くなっています。花茎に2〜4個の葉が互生します。

 アマナやヒロハノアマナが属するアマナ属ではなく、チシマアマナ属となります。チシマアマナ属は、日本に2種あり、他には、ホソバノアマナがあります。ホソバノアマナが1つの茎に花を1〜5個つけるのに対し、チシマアマナは1個しかつけません。ちなみに、キバナノアマナやヒメアマナはキバナノアマナ属となります。

 チシマアマナの分布は、『日本の野生植物 草本』I 単子葉類(平凡社)によると、「本州(中部以北)・北海道,千島・樺太・朝鮮・中国・ヒマラヤ・カフカズ・北アメリカ・ヨーロッパ」となっています。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO