エゾウメバチソウ

ユキノシタ科 ウメバチソウ属


花 南アルプス 荒川岳 2004.7.28

 『信州高山高原の花』(信濃毎日新聞社)によると、花の構造は、先にやくをつけた5本の雄しべと、5個の仮雄しべがあり、この仮雄しべは細裂し、先に小球状の黄色の腺体がついている。この仮雄しべが9〜13裂しているものをエゾウメバチソウであり、7〜9裂のものがコウメバチソウ、12〜22裂のものがウメバチソウであるという。ただしこの区別はあまりはっきりしないらしい。この写真の元写真を拡大して数えられるものは9〜11裂でしたので、エゾウメバチソウとしましたが、これが正しいかどうかはわかりません。

 花の最も多く見られる時期は夏の終わり頃だと思います。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO