ゴンズイ(ゴゼノキ) 権萃
Euscaphis japonica (Thunb.) Kanitz
ミツバウツギ科 ミツバウツギ亜科 ゴンズイ属
 

冬芽・葉痕 弓張山脈 花柄山 2006.3.4

花柄山で面白い冬芽を見つけたので写真で撮り、帰宅後、名前を調べました。
ネット上の、「冬芽と葉痕」というサイトで、
冬芽の画像を探して、ゴンズイに違いないと判断しました。

冬芽からは、すでに葉が出掛かっています。芽の付け根の下には葉痕(ようこん)も見えます。
その葉痕の中に、いくつかの維管束痕(いかんそくこん)も見えます。
ただ、黒くて大きな粒も見えますが、これは何でしょうか?


 

 

葉痕・若葉 東三河 風切山 2007.4.1


 

冬芽・葉 遠州 板築山 2011.1.9

葉は対生で、落葉します。

 分布は、茨城県および富山県以西の本州、四国、九州、沖縄、台湾北部、朝鮮半島南部、中国大陸中部となっています。

 和名は、材に臭気があり、役に立たないため、同じく役に立たない魚のゴンズイにたとえたと言われています。

 ミツバウツギ科は日本に3属3種が自生しているのみです。本種以外では、ミツバウツギ属のミツバウツギとショウベンノキ属のショウベンノキです。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO