ハイネズ 這杜松
Juniperus conferta Parlatore
ヒノキ科 ネズミサシ亜科 ネズミサシ属 ネズミサシ節


葉 渥美 雨乞山 2006.1.8

 匍匐性常緑低木。先の尖った針形の葉は3輪生します。葉の中央に白い筋が見えるのは気孔帯です。樹高のあるネズミサシ(ネズ)に対して、ハイネズは地を這います。

 ただ図鑑によると、ハイネズは海岸の砂地に生えるとあります。写真の場所は海岸から1.5km程の距離、標高200m程度の山の中の岩地ですので、ハイネズではないのかもしれません。そうすると、ネズミサシとハイネズとの雑種との説があり、幹や枝が立ち上がるというオキアガリネズなのかもしれませんが、写真のものは、地面すれすれに這っていたわけではありませんが、立ち上がるというほどでもないと思い、一応ハイネズとしました。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO