ハコベ(コハコベ)
Stellaria media (L.) Villars
ナデシコ科 ハコベ属


花 東三河 吉祥山 2005.4.24

 春の七草の一つです。似たものにウシハコベやミドリハコベがありますが、ウシハコベは萼片の長さが花弁と同長なのに対し、ハコベは萼片の方が長いことから写真のものはウシハコベでないと判断しました。ミドリハコベはハコベより葉が大きいといいます。また茎が緑色だと言いますが例外もあるようなのではっきりはわかりません。また雄しべの数は、ハコベが3〜5本程度なのに対し、ミドリハコベが8〜10本程度だと言います。これも幅があるようですが、写真のものは雄しべが5本あるように見え、ミドリハコベでなく、ハコベ(コハコベ)だと判断しました。

 ただ、近年、上記のような特徴では、ミドリハコベとコハコベをきちんと区別することは難しいようで、種子の形状で区別するようです。ミドリハコベの種子には尖った突起がたくさんありますが、コハコベの種子は突起が小さく滑らかに見えるそうです。

 参考:『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』(秀和システム)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO