ヒメシャジン(ヤバネホウコ) 姫沙参
Adenophora nikoensis Franch. et Savat.
キキョウ科 ホタルブクロ亜科 ツリガネニンジン属


花 愛鷹連峰 2006.8.27

 ハクサンシャジンに似ているけど、何だろうと、ツリガネニンジン属のあたりを探しました。イワシャジンなどは茎が岩場から下に垂れ下がるように伸びるようで、写真のものは上向きに立ち上がっているので除外。それ以上は、文字だけで理解するほどの知識がないので、結局、写真で近いものを選びました。

 ヒメシャジンは、本州中北部の亜高山に分布しているようですが、愛鷹連峰が果たして本州中北部に含まれるのか、また亜高山と言えるのかどうなのか、植物分類学上の言葉の定義をあまり知らないので、断定できないでいます。

 ただ、葉に鋸歯のあることや、萼裂片が線形と言えるのではないかなど、わかる範囲では合っているような気がします。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物愛鷹連峰

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO