オオフジイバラ(ヤマテリハノイバラ・アズマイバラ)? 新城市(弓張山脈 東三河)  2004.5.29

 新城市内の弓張山脈の麓の林道沿い(標高100m程度)にたくさん咲いていました。
最初、一般的な?ノイバラかと思い、図鑑で調べてみると、ノイバラにはたくさんの花が付くと書いてありました。見たものは1つずつしか花が付いていなかったと思います。また花はほぼ視線の高さにあったと記憶しています。
そこで、林将之さんの「このきなんのき」掲示板に質問しました。
 すると、ノイバラの仲間は判別が難しいようで、テリハノイバラ、ミヤコイバラ、モリイバラ、オオフジイバラの名前が挙がりました。ただ、テリハノイバラにしては照りが少ないのではないか、また、這っていたのではなく、立っていたのならテリハノイバラではないのではないか、という意見があったかと思うと、テリハノイバラの花がつく枝は少し立ち上がる、という話もありました。
 図鑑も含めて調べてみると、地域的にはミヤコイバラが三河以西、オオフジイバラは豊川市以東の山地、テリハノイバラは平地、モリイバラは関東以西の太平洋側ということで、どれも決定的なものはありません。
 さらに腺毛(せんもう:粘る毛)があるのがミヤコイバラで、ノイバラ、テリハノイバラ、オオフジイバラには無いようで、モリイバラには花柄に腺毛があるということもわかりました。
 葉の照りはテリハノイバラが強く、ノイバラは無く、オオフジイバラがその中間だという。テリハノイバラは托葉の幅が広いのが特徴らしい。花の数はモリイバラも1〜2個と少ないようです。ノイバラとオオフジイバラは2mぐらいまで立ち上がることも調べてわかりました。
 もちろん、こんなに複雑な話になるとは思ってもなく、写真もたったの1枚。腺毛の有無など確かめるわけもなく(だいたい腺毛が何かも知らず教えてもらいました)、機会があったらもう一度行ってみたいです。
 でも、一応、記憶をたどって、高さ2m程度、刺はまばらに生えていただけのような気がするから小さい刺もあるミヤコイバラではないとし、照り具合や花の数が少ないことなどからオオフジイバラの可能性が高いのではないかと思っています。別名はヤマテリハノイバラあるいはアズマイバラというようです。
いずれにしても、写真の花だけでは判別できないという一応の結論です。
 その後、ノイバラの仲間をじっくり見るようになったのは言うまでもありません。
2週間後の段戸裏谷ではミヤコイバラ、その翌週の葦毛湿原ではテリハノイバラと思われるものを見ました。
本当は写真を撮った場所に行く予定を作るべきなのでしょうね。まあそのうちということで。

Wander!花・植物金山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO