イスノキ(ヒョンノキ、ユスノキ、イス) 柞木(柞の木、柞)
Distylium racemosum Siebold et Zucc.
マンサク科 イスノキ亜科 イスノキ属
 

葉 東三河 豊橋公園 2006.3.12

 葉や枝に虫こぶ(虫えい)ができやすいのが特徴なのだそうです。写真にはそれらしいものは写っていないように見えます。別名のヒョンノキとは、虫こぶに穴があいて風が当たる時に出る音からきているのだそうです。葉は常緑、互生で全縁です。

 分布は静岡県以西の本州、四国、九州、沖縄、済州島、台湾、中国大陸中南部。豊橋公園のイスノキは市内で最も大きいものだそうで、樹齢300年以上、樹高約16mだそうです。「とよはしの巨木・名木100選」に選ばれているようです。

 ちなみに、和名が一文字違いのイソノキは、クロウメモドキ科です。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO