カンチコウゾリナ(タカネコウゾリナ) 寒地髪剃菜
 Picris hieracioides L. subsp. kamtschatica (Ledeb.) Hulten
 キク科 タンポポ亜科 タンポポ族 コウゾリナ属


花 東北 鳥海山にて 2005.7.28

 白い毛の生えた茎と、黒い総苞が特徴的で、最初はミヤマコウゾリナかな、と思ったのですが、図鑑の写真と葉の付き方が違う。そしてカンチコウゾリナが候補に挙がりました。ミヤマコウゾリナの葉は全縁なのに対し、カンチコウゾリナは鋸歯があります。また、ミヤマコウゾリナは根生葉が発達していて茎葉は目立たないのですが、写真には茎葉が見えます。これらのことからカンチコウゾリナだろうと判断しました。
 ちなみに、ミヤマコウゾリナはヤナギタンポポ属なのに対し、カンチコウゾリナはコウゾリナ属です。

Wander!花・植物鳥海山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO