カノコソウ(ハルオミナエシ、エゾカノコソウ) 鹿子草(鹿の子草)
 Valeriana fauriei Briq.
 オミナエシ科 カノコソウ属
 

 

 

 

 

 

花 伊吹山 2006.6.24

 写真を撮った日は、ドライブウェイの山頂駐車場より上では蕾が多かったのですが、駐車場よりも低い位置にあったのは多くの花が開いていました。

 集散花序につく花はオミナエシ科の特徴です。苞は線形。葉は羽状に分裂し、裂片には鋸歯があります。

 和名は、花序にある花と蕾が鹿の子絞りのように見えるからだといいます。

 分布は、サハリン、北海道〜九州、朝鮮半島、中国、台湾となっています。

参考:『伊吹山ミニ事典 増補版』(名阪近鉄バス 自動車道部 関ヶ原営業所 発行)、『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物伊吹山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO