キジムシロ 雉筵
Potentilla sprengeliana Lehm.
バラ科 バラ亜科 キジムシロ属


花 八子ヶ峰 2006.6.6

 花弁は5枚、雄蕊は多数あります。葉は奇数羽状複葉で鋸歯縁の小葉が5〜9枚あり、頂小葉が最も大きくなります。茎には開出毛が目立ちます。花の似ているミツバツチグリは名のように小葉が3枚です。また、走出茎をだして広がるものはツルキジムシロです。

 和名は地面に広がる葉を雉の座る筵に見立てたことによります。

 分布は、北海道〜九州、朝鮮半島。

 同じキジムシロ属のオヘビイチゴは、基本的に掌状複葉で小葉は5枚あります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO