キッコウハグマ 亀甲白熊
Ainsliaea apiculata Sch.Bip.
キク科 キク亜科 コウヤボウキ族 モミジハグマ属


葉 東三河 常寒山 2007.01.14

 東三河では、エンシュウハグマも見かけますが、このキッコウハグマもよく見かけます。

 葉は茎の下部に5〜11枚集まってやや輪状に付き、葉柄は葉身の約2倍の長さがあるそうです。葉身は心形(まれに腎形または卵形)で、名のように、亀甲模様のような五角形をしています。

 分布は、北海道〜九州、朝鮮半島南部となっています。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物寒狭山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO