キヌガサソウ 衣笠草
 Paris japonica (Franch. et Savat.) Franch.; Kinugasa japonica (Franch. et Savat.) Tatew. et C.Suto
  ユリ科 クサスギカズラ亜科 ツクバネソウ属(キヌガサソウ属)




花 飛騨 籾糠山 2005.6.17

 大きな花と大きな葉でしかも群生していることが多く、目立ちます。

 葉は7〜11枚輪生し、外花被片は7〜9個で、普通は8個。写真の花は9個あります。内花被片は外花被片と同数ですが、白色で糸状、長さも外花被片の半分以下のため、目立ちません。写真の花にも写っているのですが、ほとんどわかりません。
 雄蕊は写真で17本見えます。

 名前は傘状に広がる葉のイメージからだといいます。

 以前、エンレイソウ属に入れられていたこともあるそうです。確かにエンレイソウと似ていなくもありませんが、エンレイソウの茎葉は3輪生です。キヌガサソウはツクバネソウ属となっていますが、キヌガサソウ属として独立した見方もあるようです。

Wander!花・植物籾糠山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO