キランソウ(ジゴクノカマノフタ、カマノフタ) 金瘡小草(金襴草、地獄の釜の蓋、釜の蓋)
Ajuga decumbens Thunb.
シソ科 キランソウ亜科 キランソウ属


花 渥美 衣笠山 2004.4.11


 



花 東三河 舟着山 2007.5.3

 葉はでこぼこしていて、縁には尖らない鋸歯があります。

 「地獄の釜の蓋」という名前は良薬で医者いらずとなり、地獄の釜が閉じるという意味からとか、地面を覆うように増えるところからとか、春の彼岸の頃に咲くから、と、いくつかの説があるようです。地面を覆うほどの繁殖力から、雑草として嫌われているようでもあります。

 花は紫色ですが、なかにはピンク色のものもあり、モモイロキランソウと呼ばれているようです。

 本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布します。

 同じキランソウ属には、他に、オウギカズラニシキゴロモツクバキンモンソウなどがあります。

 参考:『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』(秀和システム)

Wander!花・植物富幕山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO