コバノミミナグサ 小葉の耳菜草
 Cerastium furcatum Cham. et Schltdl. var. ibukiense Ohwi
 ナデシコ科 ミミナグサ属
 



花 伊吹山 2006.6.24

 花弁がミミナグサの4〜5mmより大きく、7〜8mmあります。逆に葉は小さいそうです。ヨーロッパの種と同一ではないか、という話もあるようですが、伊吹山以外でも山口県の石灰岩地で発見されたようです。

 『伊吹山ミニ事典 増補版』(名阪近鉄バス 自動車道部 関ヶ原営業所 発行)や『6月初旬から7月中旬に見られる 伊吹山お花畑植物ガイド』(滋賀自然観察指導者連絡会「伊吹山自然観察会グループ」)に伊吹山特産種として紹介されています。『日本の野生植物 草本』(平凡社)には載っていないようです。

 花弁は普通5枚ですが、3枚目の写真のものは、8枚もあります。

 レッドデータブックの絶滅危惧IA類(絶滅の危機に瀕している種)に指定されています。

Wander!花・植物伊吹山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO