コチャルメルソウ 小硝吶草
Mitella pauciflora Rosend.
ユキノシタ科 チャルメルソウ属 チャルメルソウ節


 

 

 

 

花・葉 奥三河 天狗棚 2008.5.6

 チャルメルソウ属では以前にミカワチャルメルソウと思われるものを見ていますが、今回見たのは、コチャルメルソウです。地下茎があり、群落を形成することが多いようで、写真の場所でも多く見られました。

 その最大の特徴は、5個の雄蕊が花弁の基部から離れた花盤上につくことでしょうか。花弁は羽状に細く7〜9裂し、外面にやや密に腺点をつけ、花時に反曲します。花茎は無毛で、花柄とともに短い腺毛を密生します。花は2〜10個あります。

 根出葉の基部は深い心形で、葉の縁は浅く5裂します。葉の両面にあらい毛と微小な腺毛があります。

 『日本の野生植物 草本』(平凡社)によると、分布は、本州、四国、九州となっており、山地の渓流沿いの湿った林床に生えています。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO