クサノオウ 瘡の王 生薬名:白屈菜
Chelidonium majus L. subsp. asiaticum H.Hara
ケシ科 クサノオウ属


花 弓張山脈 石巻山 2007.2.25

 黄色い花はどこにでもありますが、この時期の石巻山で咲いている結構大きめの黄色い花となると、何だろうかと思いましたが、同行していた人が知っていて、これがクサノオウかと納得しました。それにしても2月の開花は早過ぎでしょうね。暖冬だけのことはあります。

 花弁は4枚で、長さ10〜12mm。雄蕊はたくさんあります。茎や葉を傷つけるとオレンジ色の汁が出ますが、これには有毒成分が含まれていて、皮膚の弱い人は触れただけでもかぶれてしまうほどだといいます。

 同じケシ科クサノオウ属には他にヤマブキソウがあります。

 分布は、北海道〜九州、東アジアの温帯となっています。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)、『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』(秀和システム)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO