クサタチバナ 草橘
 Vincetoxicum acuminatum Decne.
 ガガイモ科 カモメヅル属
 

 

 

 

花 伊吹山 2006.6.24

 伊吹山では本当にたくさんのクサタチバナが咲いていました。最初、名前がわからず、休憩したときにでもザックから『伊吹山ミニ事典 増補版』を出して確認しようと思っていたら、途中で自然観察員らしき方々に会ったので、名前を尋ねて教えてもらいました。彼らはカンボクの観察をしていたような感じでした。

 クサタチバナは石灰岩地に多いようです。和名は花がミカンの花に似ているためとのことです。

 分布は関東以西の本州、四国、朝鮮半島、中国東北部となっています。

参考:『伊吹山ミニ事典 増補版』(名阪近鉄バス 自動車道部 関ヶ原営業所 発行)

 雰囲気はシロバナクサナギオゴケに似てるな、と思ったら同じカモメヅル属でした。

Wander!花・植物伊吹山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO