クスダマツメクサ(ホップツメクサ) 薬玉詰草 英名:Hop trefoil
Trifolium campestre Schreb.
マメ科 マメ亜科 シャジクソウ連 シャジクソウ属
 

 

花 東三河 吉祥山 2006.6.3

 林道の脇に咲いていました。まだ蕾のものや、花自体が小さいものも見られました。

 シロツメクサムラサキツメクサ(アカツメクサ)同様、本種も帰化植物で、北海道〜琉球に帰化しています。シャジクソウ属で日本の自生種はシャジクソウだけです。

 本種と同じく黄色い花が咲く似た花には、テマリツメクサやコメツブツメクサがあります。クスダマツメクサやコメツブツメクサの茎の上部につく葉は羽状3小葉で、頂小葉の葉柄が側小葉の葉柄より長いのに対し、テマリツメクサは茎の上部につく葉が掌状3小葉で、頂小葉・側小葉には葉柄がほとんどありません。  また、クスダマツメクサは20花以上つけ、花弁の脈が窪むのに対し、コメツブツメクサは5〜20花しかつけず、花弁の脈は窪みません。

 また、本種の葉は中部よりも先に鋸歯があります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO