マンリョウ(ハナタチバナ) 万両
Ardisia crenata Sims
ヤブコウジ科 ヤブコウジ属


果実 東三河 宮路山 2008.1.27

 「万両」という和名で、縁起のいい植物となっています。正月などに飾られます。常緑の小低木で、高さは30〜100cm程度。葉は濃い緑色で、部分的に赤みを帯びています。葉の縁が波打っているのも特徴です。

 センリョウ科のセンリョウが上向きに果実をつけるのに対し、マンリョウは下向きに果実をつけます。さらに、アカネ科のアリドオシを加えて、「千両、万両、有り通し」となります。アリドオシを忘れると、一瞬の大金持ちで終わることになる?

 関東以西の本州、四国、九州、沖縄、台湾、朝鮮半島、中国、東南アジア、インドと、温暖な場所の常緑樹林内に広く分布します。アメリカでは外来有害植物として問題になっているそうです。

 果実が黄色に熟するものをキミノマンリョウ、白熟するものをシロミノマンリョウと呼びます。

 同じヤブコウジ属には、他にヤブコウジ、カラタチバナなどがあります。ちなみに、ヤブコウジの別名はジュウリョウ(十両)、カラタチバナが百両になっています。なお、一両はアリドオシだそうです。

 参考:『日本の野生植物 木本』(平凡社)

Wander!花・植物座談山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO