メタカラコウ 雌宝香
Ligularia stenocephala (Maxim.) Matsum. et Koidz.
キク科 キク亜科 キオン族 メタカラコウ属 オタカラコウ節


花 愛鷹連峰 2006.8.27

 オタカラコウ(雄宝香)の舌状花が5〜9個あるのに対し、メタカラコウの舌状花は0〜3個と少ないのが特徴です。2種の名前もこの違いによるのでしょう。

 分布は、本州〜九州、中国、台湾となっています。

 オタカラコウやメタカラコウの頭花が総状の長い花序につくのに対し、同じメタカラコウ属で、頭花が散房状花序につくのに、ハンカイソウ、マルバダケブキ、トウゲブキ、カイタカラコウがあります。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物愛鷹連峰

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO