ミノコバイモ 美濃小貝母
Fritillaria muraiana
ユリ科 ユリ亜科 バイモ属
 

 

 

花 東三河 2008.3.16

 『日本の野生植物 草本』(平凡社)には載っていませんが、『レッドデータプランツ』(山と溪谷社)には、2001年に愛知県で撮影された写真が載っています。レッドデータブックの絶滅危惧II類に指定されています。

 愛知県の自生地は、人に教えてもらわないとわからないような場所ですが、私が教えてもらって行ったときは、他にも写真を撮りに訪れている人がいました。水分の多い斜面は、踏まれてしまうと崩れやすく、すぐに大きな踏み跡になってしまうようです。全くの放置状態ではなく、草刈りがされている場所のようで、そのために小群落になっているのでしょうか。

 ミノコバイモは葯が白いのが特徴で、四国に分布するアワコバイモはこの葯が赤紫色になっています。

 福井県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、岡山県での分布が確認されています。

 クロユリなども同じバイモ属になります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO