ミスミソウ(ユキワリソウ) 三角草(雪割草)
Hepatica nobilis Schreb. var. japonica Nakai
双子葉植物綱 キンポウゲ目 キンポウゲ科 ミスミソウ属
 

花弁はなく、白い花弁状のものは萼片で6〜10枚つきます 写真では2輪とも7枚見えます




花の後ろにある萼片に見えるものは茎葉で3枚つきます 茎葉や花茎には白毛が見えます




葉はしっかり尖って三角形になっています




盗掘跡の穴

東三河 2009.2.11



 



雄蕊が赤みを帯びています




萼が色褪せ始めています




四角の三角草

東三河 2009.2.21


 愛知県内でミスミソウの花を見たのは、2009.2.11 に写真を撮った時が初めてです。ところが、その場所へ向かう駐車地点で、一人の男性に会いました。ミスミソウが盗掘にやられたと言い、ショックを受けているようでした。この日の未明にやられたようだと言っていました。

 そして、その場所へ行ってみると、多数の穴が掘られていました。写真の花は盗られずに残っていた個体です。この場所は、何年か前にも盗掘に遭って大きな被害があったようです。

 『日本の野生植物 草本』II(平凡社)によると、分布は、中部地方以西の本州と九州北部。太平洋側ではだいたい白花で、日本海側のものは花色に変化が多いとあります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO