ミツバオウレン(カタバミオウレン) 三葉黄蓮
 Coptis trifolia (L.) Salisb.  キンポウゲ科 オウレン亜科 オウレン属 ミツバオウレン節




花 飛騨 籾糠山 2005.6.17

 ミツバオウレンとよく似た花にバイカオウレンがありますが、ミツバオウレンは名の通り小葉が3枚なのに対し、バイカオウレンは5枚です。また、ミツバノバイカオウレン(コシジオウレン)というものもありますが、これは小葉は3枚ですが、白い萼片の形が名前からわかるように倒卵形であり、ミツバオウレンは長楕円形です。写真のものは倒卵形でなく長楕円形に見えることからミツバオウレンと判断しました。また『中部の山々 その2』(財団法人東海財団)には、この山にミツバオウレンとミツバノバイカオウレンの両方の名前が登場しますが、その詳細分布の記述からもミツバオウレンだろうと想像できます。

 普通白い花びら状の萼片は5枚ですが、写真のものは6枚あります。

Wander!花・植物籾糠山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO