ミヤマコアザミ 深山小薊
 Cirsium japonicum Fisch. ex DC. var. ibukiense (Nakai) Nakai ex Kitam.
 キク科 キク亜科 アザミ族 アザミ属 アザミ節


蕾 伊吹山 2006.6.24

 伊吹山に咲くアザミにはイブキアザミやコイブキアザミがありますが、ミヤマコアザミはイブキの名こそ入っていないものの、学名の変種名も "ibukiense" となっていて、山頂部で多く見かけます。伊吹山特産種とされていましたが、北アルプス北部や白山などにも生えているようです。

 春に咲くノアザミの変種になりますが、『日本の野生植物 草本』(平凡社)には載っていないようです。ノアザミより丈が低く30〜40cm、茎葉の数が多く、葉の棘が鋭いのが特徴です。

 レッドデータブックの絶滅危惧IB類(絶滅の危機に瀕している種)に指定されています。

参考:『レッドデータプランツ』(山と溪谷社)、『伊吹山ミニ事典 増補版』(名阪近鉄バス 自動車道部 関ヶ原営業所 発行)、『6月初旬から7月中旬に見られる 伊吹山お花畑植物ガイド』(滋賀自然観察指導者連絡会「伊吹山自然観察会グループ」)

Wander!花・植物伊吹山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO