ミズヒキ 水引
Antenoron filiforme (Thunb.) Roberty et Vautier
タデ科 ミズヒキ属


花 飛騨 城山 2006.8.12

 和名から想像できるように、細長い花穂は、祝い事で使用するのし袋の紅白の水引そのものを連想させ、花もよく見ると、上側が赤く、下側が白くなっています。

 城山では、名の似ているキンミズヒキも咲いていましたが、こちらはバラ科です。

 ミズヒキの白花品種を、ギンミズヒキと言います。ミズヒキに似て、葉が無毛で光沢があり、先が尖るものをシンミズヒキと言います。

 ミズヒキの分布は、北海道〜沖縄、朝鮮半島、中国、インドシナ、ヒマラヤなどとなっています。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)、『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』(秀和システム)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO