ニリンソウ 二輪草
Anemone flaccida F.Schmidt
キンポウゲ科 イチリンソウ属
 

花 美濃 舟伏山 2005.5.3

 ニリンソウはよく群落となっています。まず一輪咲き、やがて二輪咲くのが普通ですが、中には一輪しか咲かないものや三輪咲くものもあります。四輪咲くものもあるらしいのですが、私は見たことがありません。なお、一輪しか咲かなくてもイチリンソウとは種類が違います。

 イチリンソウはニリンソウのような群落を作りませんが、ニリンソウよりも大きな花を咲かせます。また、ニリンソウの葉は斑がありトリカブトの葉と似ています。さらに、サンリンソウというものもあります。

 1998年1月1日に発売された川中美幸の「二輪草」は大ヒットしました。さびの「ふたりは二輪草」という歌詞はよく耳に残っています。水木かおるが作詞し、その2番の歌詞には、「咲いて清らな白い花」なんてところもあります。この歌がはやっていた頃、やたらとニリンソウについて質問されたりしました。この歌で一般的にもニリンソウの存在が知られたと言ってもいいかもしれません。もっとも、演歌に興味がない人にとっては歌自体を知らないかもしれませんが。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO