オオオナモミ
 Xanthium occidentale Bertoloni
 キク科 キク亜科 オナモミ族 オナモミ属


果実 奥三河 高土山 2005.11.27

 独特な形の果実は「ひっつき虫」の代表格と言っていいでしょう。ただ、取り難さでは、シロノセンダングサの方が上をいっていると思います。いずれも針状の先端が鉤状に曲がっていてメカ機構的にひっつきます。マジックテープの原理はこれをヒントにしたと言われています。一方、チヂミザサの果実は粘液によってひっつきます。

 写真は、奥三河の高土山から瀬戸山へ藪の中を歩いて林道に出るあたりで知らないうちに靴紐に付いたと思われる実です。

 北米原産の帰化植物です。

Wander!花・植物高土山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO