サカキ(マサカキ、ホンサカキ、カミサカキ、シャカキ) 榊
 Cleyera japonica Thunb.
 ツバキ科 サカキ属
 

葉・液果 渥美 蔵王山麓 権現の森 2005.11.13

 写真のものは、愛知県田原市にある蔵王山麓の権現の森に(たぶん)植栽されていました。漢字では木へんに神と書き、その字のように神木(しんぼく)として玉串(たまぐし)に利用されることで有名です。

 ツバキ科の葉は互生です。ヒサカキの葉には鋸歯がありますが、サカキの葉は全縁です(稀に鋸歯があるようです)。山ではサカキよりヒサカキをよく見かけるように思います。写真のように頂芽(枝先の芽)が目立ち、先端が曲がって尖っているのが特徴です。

 果実は液果で黒く熟します。

Wander!花・植物蔵王山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO