サワラ 椹
Chamaecyparis pisifera (Siebold et Zucc.) Endl.
ヒノキ科 ヒノキ属


葉 東三河 常寒山 2007.01.14

 鱗片状の葉の先端が尖っているのが特徴です。多くは中部地方の深山に生えると言いますから、写真のものは植林されたものなのでしょう。

 日本に自生するヒノキ属はヒノキと本種の2種となっています。ヒノキは葉の先端が鈍頭です。

 分布は、岩手県以南の本州、九州となっています。

 参考:『葉で見わける樹木』(小学館)、『日本の野生植物 木本』(平凡社)

Wander!花・植物常寒山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO