シハイスミレ 紫背菫
Viola violacea Makino var. violacea
スミレ科 ミヤマスミレ類


 

花・葉 奥三河 愛知県民の森 2007.4.7

 シハイスミレはマキノスミレに似ていると言われますが、写真を見る限り、印象はかなり違います。シハイスミレはマキノスミレよりも花の色は薄く、葉の長さは短く、立ち上がりません。

 側弁の基部に毛はありません。

 和名の「紫背」は、葉の裏が紫色を帯びるからだそうです。

 斑入りの品種は、フイリシハイスミレと呼ばれています。上の写真は、見方によっては斑が入っているようにも見えますが、『日本のスミレ』(山と溪谷社)によれば、これぐらいのものがシハイスミレの標準の葉のようです。逆に言えば、斑入りかどうかの境界は微妙な気がします。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO