シコタンハコベとタカネヒゴタイ(キンプヒゴタイ) 南アルプス南部  2004.7.28

 イワツメクサでもタカネツメクサでもない。何だろう、と帰ってから図鑑を見たら、シコタンハコベでした。名前は知っていましたが、実物と初めて結びつきました。分布はあまり広範囲ではないのでしょうか、あるところには多くありましたが、イワツメクサやタカネツメクサのように一般的ではないようです。
 ナデシコ科ハコベ属で、レッドデータブックの絶滅危惧II類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。

 左上のものは頭花が複数見えるのでタカネヒゴタイ(キンプヒゴタイ)だと思います。頭花が1つのものはシラネヒゴタイというそうです。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO