シモツケ 雨生山(弓張山脈)  2004.5.29

 背が低いため、最初、草花かと思い、シモツケソウなのではないかと思いましたが、図鑑を見ると何か違う。しばらくはわかりませんでしたが、たまたまシモツケの写真を見て、これが樹木であることに気づきました。バラ科シモツケ属の木本です。
 写真は、咲き始めた頃のものです。おしべが真っ直ぐ伸びずにまだふにゃふにゃと立ち上がっているのがおもしろいです。
 前年の7月6日にも同じ場所で見ましたが、この時は咲き終わり頃で、花弁が落ちているものが多くありました。

 愛知県新城市(旧鳳来町を含む)の蛇紋岩地には葉が小さく、無毛のケナシヒロハシモツケがあるそうですから、ひょっとしたらそれかもしれません。

Wander!花・植物金山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO