タガネソウ(ギョウジャソウ、ササスゲ) 鏨草
Carex siderosticta Hance
カヤツリグサ科 スゲ属


枯れ葉 渥美 笠山 2007.2.11

 枯れて丸くなっているのがタガネソウの冬の姿です。葉幅は1〜3cmあり、スゲの仲間としては幅が広く、和名はその姿がたがねに似ているからだそうです。

 葉には毛がないかまたはまばらに毛が生えるようで、長い毛が生えるものはケタガネソウと言います。写真にはそれほど長い毛は見当たらないように見えますので、タガネソウとしておきましたが、ひょっとしたらケタガネソウかもしれません。




花 渥美 笠山 2007.3.11

 分布は、ウスリー、北海道〜九州、朝鮮半島、中国となっています。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO