タカサゴユリ(タイワンユリ、ホソバテッポウユリ) 高砂百合(台湾百合、細葉鉄砲百合)
 Lilium formosanum A.Wallace
 ユリ科 ユリ亜科 ユリ属


花 東三河 2005.8.15

 タカサゴユリは町中でもあちこちで見かけます。タカサゴユリを図鑑で調べようと目次を見ると載っていない。そんなはずはないとユリ科を見るとテッポウユリが載っていました。タカサゴユリとテッポウユリは同じ花で、どちらかが別名だろうと思っていましたが、どうやらそうではないということがわかりました。

 タカサゴユリは台湾原産の帰化植物で、「高砂」とは台湾の別称で琉球語のサカサングに由来するそうです。一方、テッポウユリは薩南諸島・琉球に分布するということです。

 この2種の違いは、テッポウユリが幅のある葉であるのに対して、タカサゴユリは葉が細いということです。写真のものも葉が細く、タカサゴユリだと思われます。花の外側が写真のように赤褐色を帯びるのも特徴だといいます。また、花期もテッポウユリが6〜7月なのに対し、タカサゴユリは8月です。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO