タネツケバナ 種浸け花
 Cardamine scutata Thunb. アブラナ科 タネツケバナ属


花 東三河 吉祥山麓 2005.4.24




葉 東三河 吉祥山 2006.4.16

 実が細い莢(さや)に入っているのが特徴的です。葉は頭大羽状に分裂し、頂小葉が大きい。茎・葉・葉柄には細かい毛が散生するそうです。雄蕊は6本。
稲の種籾を水に浸ける頃に咲く花だという意味です。

 タネツケバナ属にはさらに細分された種類があり、タチタネツケバナは花期にも根生葉が残り、毛が多い。オオバタネツケバナは頂小葉が特に大きく、無毛。ミチタネツケバナは雄蕊が4本で花期にも根生葉が残り、茎は無毛です。他にもミズタネツケバナ、コタネツケバナ、オオケタネツケバナ、ミヤマタネツケバナ、ジャニンジンがあるそうです。

Wander!花・植物2005年吉祥山2006年吉祥山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO