ウバユリ 姥百合
Cardiocrinum cordatum (Thunb.) Makino
単子葉植物綱 ユリ目 ユリ科 ユリ亜科 ウバユリ属
 

花 渥美 滝頭公園 2009.7.11

 ウバユリの葉は大きく、春から目立ち、目にする機会も多いのですが、花は暑い季節の低地に咲くためか、そのような場所にはあまり足が向かず、意外に見る機会が少ないような気がします。

 林の中などの少し薄暗い場所に生え、また、花の色も純白でなく、緑がかった白色で、とても地味な感じがします。

 花は横向きに咲き、花が終わると上向きになります。花の時期は、花粉が雨に濡れないように横を向き、果実の時期は、種子がすぐ下にこぼれないように、上を向くのでしょう。種子は風が吹いたときに遠くに飛ばされます。

 『日本の野生植物 草本』I(平凡社)によると、分布は、宮城県・石川県以西の本州、四国、九州となっています。

 ウバユリ属で日本に自生するのはウバユリ1種のみで、他にウバユリの変種にあたるオオウバユリがあります。ウバユリの花は数個つきますが、オオウバユリは10〜20個つきます。

 『春日村の薬草』(春日村役場)にも、ウバユリが紹介されていて、澱粉が豊富な鱗茎を解熱剤として利用することが書かれています。映画『北の零年』でも、アイヌの教えに従ってウバユリの根を掘るシーンがありました。ただし、北海道なので、正確にはオオウバユリの方でしょう。

 ササユリなどのユリ属の葉は線形〜披針形で花後も枯れないが、ウバユリ属の葉は卵状長楕円形で長い柄があり、花が終わると枯れます。この葉が枯れるのと、歯が無くなるのを掛けて、姥百合の和名がつけられたそうです。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO