ワレモコウ 吾亦紅(吾木香、割木瓜)
 Sanguisorba officinalis L.
 バラ科 バラ亜科 ワレモコウ属
 

花 東三河 2005.8.15

 花穂が長いので、ナガボノワレモコウではないかと思いましたが、雄蕊があまり長く突き出ていませんし、花穂が垂れ下がっていませんので、ワレモコウと判断しました。

 花は上から順に咲いていきます。1枚目の写真では、ちょうど上から真ん中辺りまで花が開き、それより下は蕾です。花の下部の写真のように、ポツンと離れて茎に付いている花があるのが面白いです。

 花弁は無く、萼裂片が4個あります。

「吾(われ)も亦(また)紅(くれない)なりとひそやかに」高浜虚子
「吾木香 すすきかるかや 秋くさの さびしききはみ 君におくらむ」若山 牧水
などと詠まれています。

 同じ、ワレモコウ属にはカライトソウや、シロバナトウウチソウなどがあります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO