ヤブコウジ(ジュウリョウ、ヤマタチバナ) 藪柑子(十両、山橘)
 Ardisia japonica (Thunb.) Blume
 ヤブコウジ科 ヤブコウジ属


実 東三河 弓張山脈 2005.12.28




実 東三河 宮路山 2006.1.22




花 東三河 弓張山脈 2006.7.9

 地面近くに常緑の葉と赤い実をつける様子は万両、千両に対し、「十両」の名がぴったり。なお、百両はカラタチバナを指すそうです。

 葉は互生だそうですが、輪生状についています。深緑色の葉には光沢があり、縁には鋸歯があります。

 赤い実に比べ、白い花は目立ちません。下向きに咲き、花柄には微小軟毛があります。

 分布は、奥尻島、本州、四国、九州、台湾、朝鮮半島、中国となっています。

 同じヤブコウジ属には、他にマンリョウやカラタチバナなどがあります。イズセンリョウは、同じヤブコウジ科ですが、イズセンリョウ属となります。

 参考:『日本の野生植物 木本』(平凡社)

Wander!花・植物弓張山脈(実)宮路山観音山弓張山脈(花)

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO