ヤブラン 藪蘭
 Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
 ユリ科 ヤブラン亜科 ヤブラン属


花 遠州 高天神山 2006.9.9

 林下の日陰に生えていることが多いため、写真を撮っても手ぶれしてしまうことが多い。園芸用としても多用されているようで、公園などでも見かけます。園芸種には斑入りの葉のものもあるようです。

 分布は、本州〜九州、沖縄、中国、台湾、朝鮮半島南部となっています。

 日本のヤブラン属は3種で、他にコヤブランと、ヒメヤブランがあります。
 葉はいずれも線形で、ヤブランの葉幅が8〜12mm、コヤブランが4〜7mm、そしてヒメヤブランが2〜3mmとなっています。

 参考:『日本の野生植物 草本』(平凡社)

Wander!花・植物高天神山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO