ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ) 夕化粧(赤花夕化粧)
Oenothera rosea L' Her. ex Aiton
双子葉植物綱 フトモモ目 アカバナ科 マツヨイグサ属 ユウゲショウ節
 



花 東三河ふるさと公園 2010.6.20


 濃い目のピンク色でとても綺麗な花ですが、アメリカ大陸原産の帰化植物です。よく、アカバナユウゲショウと呼ばれますが、これは、オシロイバナの別称がユウゲショウで紛らわしいためとのことです。オシロイバナにも赤色の花がありますが、アカバナユウゲショウのアカバナとは、アカバナ科のアカバナでしょうか。ちなみにオシロイバナはオシロイバナ科です。

 花弁は4枚で濃い色の脈が見えます。なんとなくオオイヌノフグリの水色の花弁の色を変えて大きくしたように感じます。雄蕊は8本。雌蕊の先端はピンク色で4裂します。

 『日本の帰化植物』(平凡社)には、「夕暮れに開花する」とありますが、上の写真は曇天の朝9時頃に撮ったものです。

 明治時代に観賞用として持ち込まれたものが野生化し、関東地方以西で見られるとのことです。年々、多く見かけるようになってきたのは、やはり温暖化のためでしょうか。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO