ユキワリイチゲ(ルリイチゲ、ウラベニソウ) 雪割一華
Anemone keiskeana Maxim.
双子葉植物綱 キンポウゲ目 キンポウゲ科 キンポウゲ亜科 イチリンソウ属
 

 

 

 

 

 

 

 

 

花・葉 近江 2011.4.3


 淡紫色の花(萼片)と、白い斑が入った濃緑色の葉が特徴です。葉の裏面は紅紫色です。根出葉は1〜3枚で、3全裂します。小葉は無柄で鋸歯があります。茎葉は3輪生無柄。

 『日本の野生植物 草本』II 離弁花類(平凡社)によると、分布は、本州西部〜九州となっています。写真は滋賀県ですが、さらに東の三重県にも自生しているようです。

 イチリンソウ属には、他に、シュウメイギク、ハクサンイチゲニリンソウサンリンソウイチリンソウ、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、ヒメイチゲなどがあります。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO