フサザクラ(タニグワ) 房桜(総桜)
Euptelea polyandra Siebold et Zucc.
フサザクラ科 フサザクラ属
 

冬芽 伊吹山地 2006.3.20

 まだ積雪のある春に雪上の斜面で見ました。丸く大きく膨らんだ冬芽や、中には写真のように前年の柄が残っている特徴的な冬芽ですが、どんな名前の木か見当もつかず、「このきなんのき」掲示板で質問して名前を教えていただきました。美しい冬芽として認識されているそうです。

 写真の柄は果実の柄で、柄から1つ垂れ下がって残っているのは果実の翼のようです。

 フサザクラ科にはフサザクラ属があるのみです。フサの名は房状の花が咲くからですが、サクラの名があるもサクラの仲間ではありません。花弁も萼もない無花被花(裸花)なのだそうです。雄蕊の葯が濃い紅色で花を形成しています。分布は本州・四国・九州と比較的広いようです。沢沿いに多いそうです。

Wander!花・植物笹又

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO