コナスビ 小茄子
Lysimachia japonica Thunb.
サクラソウ科 オカトラノオ連 オカトラノオ属 コナスビ亜属 コナスビ節


花 敦賀 天筒山 2009.5.3

萼裂片は線状披針形で先は鋭く尖ります。花冠は5裂します。雄蕊は5個。




花 渥美 蔵王山 2004.12.26

真冬に花の先を少しだけ広げて寒そうに咲いていました。



 名前はナスと果実の形が似ている(大きさは小さい)からだそうですが、ナス科ではありません。サクラソウ科で、オカトラノオと同じ属です。

 『日本の野生植物 草本』III(平凡社)によると、北海道〜沖縄、中国、台湾、インドシナ、マレーシアと広く分布する、とのことです。

 花柄は普通ほとんど無いぐらい短いのですが、中には花柄が6〜18mmに達するものがあり、ナガエコナスビと呼んで区別することがあるそうです。

 参考:『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』(秀和システム)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO