オヤマボクチ 雄山火口
 Synurus pungens (Franch. et Sav.) Kitam.
 キク科 キク亜科 アザミ族 ヤマボクチ属
 

葉・蕾 南信州 蛇峠山にて 2005.7.17

 火口(ほくち)とは、火打石で火をおこすときに出る火花を移し取る綿毛のこと。その綿毛をこの葉の裏から採るのだといいます。写真の蕾にも綿毛がたくさんついていますが、これを見たとき、こんなところに密集してくもの巣張っても虫など採れないだろう、と不思議に思ったのですが、どうやらこれもその綿毛のようですね。

Wander!花・植物蛇峠山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO