シマジタムラソウ
Salvia isensis Nakai ex H.Hara
シソ科 オドリコソウ亜科 アキギリ属
 

 



花・萼・葉 東三河 2005.8.15

 アキノタムラソウの雄蕊が屈曲するのに対し、ナツノタムラソウとシマジタムラソウの雄蕊は花の中央に突き出ます。花の色が濃紫色・淡紅色・淡黄色なのがナツノタムラソウで、薄青紫色なのがシマジタムラソウとのことで、シマジタムラソウと判断しました。また、葉が地面に張り付くようにして広がるのも特徴のようです。

 分布は愛知県・静岡県・三重県の日当たりの良い蛇紋岩地と限られています。和名の「シマジ」は三重県の島地山で発見されたことによるそうです。

 レッドデータブックでは国の絶滅危惧II類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。
愛知県では準絶滅危惧種(存続基盤が脆弱な種)に指定されています。

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO