アカメガシワ(ゴサイバ、サイモリバ) 赤芽槲(赤芽柏、五菜葉、御菜葉、菜盛葉)
 Mallotus japonicus (Thunb. ex Murray) Muell. Arg.
 トウダイグサ科 ハズ亜科 エノキグサ連 アカメガシワ属
 

 

葉・雄花 東三河 宮路山 2006.7.1

 雌雄異株で写真の花は雄花です。若い木では葉が三裂しますが、成木では不分裂葉が多くなります。

 新葉には赤い星状毛が密生しており、葉全体が赤く見えますが、赤いのは毛で、成長とともに脱落して、葉は緑色に見えるようになります。また大きな葉がカシワのようなところから和名がついたということです。

 分布は宮城県・秋田県以西の本州、四国、九州、南西諸島、台湾、朝鮮半島、中国。先駆性樹木(パイオニアツリー)として造成斜面や道路脇などにいち早く生えてきます。写真も駐車場脇に生えていたものです。

 参考:『葉で見わける樹木』(小学館)、『日本の野生植物 木本』(平凡社)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO