アカネスミレ 茜菫
Viola phalacrocarpa Maxim.
スミレ科 ミヤマスミレ類


 

 

花 弓張山脈 2006年4月

 花は色が濃く、花弁の基部が閉じ気味になっています。側弁の基部には毛が生えています。花柄、萼、距にも毛が生えています。毛葉は明るい緑色で、微毛が生えています。

 側弁の基部以外に毛のないものをオカスミレと言うようです。

 分布は、シベリア、北海道〜屋久島、中国、朝鮮半島と広範囲ですが、中部地方以北の低山に多いそうです。

 雰囲気としてはサクラスミレに似ていますが、まず生育環境からして違うようです。花はアカネスミレの方が濃い色です。アカネスミレの花柄には密に短い毛が生えていますが、サクラスミレにはまばらに生えています。葉は、アカネスミレが斜上するのに対し、サクラスミレは立つ傾向があり、花の位置よりも高くなるのが普通です。

 参考:『日本のスミレ』(山と溪谷社)

Wander!花・植物

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO