ハナイバナ 葉内花
Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et C. A. Mey.
ムラサキ科 ハナイバナ属


花 東三河 吉祥山麓 2005.4.24

 よく知らず、最初、ムシクサの名前が浮かんだが、ムシクサはゴマノハグサ科クワガタソウ属で、花冠が4裂しているのに対し、本種は5裂している。また花をよく見るとヤマルリソウに似ている。そこで浮かんだ名前がキュウリグサ。図鑑でそのあたりを見てみるとハナイバナが載っていました。キュウリグサと違って花の中央部が黄色くならないことからも間違いないだろうと判断しました。

 「葉内花」とは、茎の上部の葉と葉の間に花をつけることから付けられた名前のようです。

Wander!花・植物富幕山

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO